原健登

「京大ベースボール」記者。京都大学大学院工学研究科建築学専攻修士2回生。2020年まで京都大学硬式野球部に所属。野球部時代は主に投手を務めた。脇編集長の熱意に惹かれて何か手伝えることはないかと思い当紙に入局。現役時の夢は、「京大野球部が他大学に単純に実力差で勝てるチームになること」。自分が選手時代に達成できなかった目標が徐々に実現しつつありとても嬉しいです。頑張って記事書きます。