【春季リーグ】硬式野球部、近大1回戦に0-6で敗戦

By京大ベースボール

4月 30, 2022

京都大学硬式野球部は30日、 ほっともっとフィールド神戸で行われた関西学生野球連盟春季リーグ戦の第5節1回戦で近畿大学と対戦し、0-6で敗戦した。

京大の先発は水江日々生(3・洛星)。立ち上がりは三者凡退と完璧だったものの、3回に相手先発・久保投手(4・関大北陽)の安打を皮切りに3安打を浴び2点を失った。6回と7回にも2点ずつを取られ、結果的に6回1/3を6失点。

7回一死一、三塁としたところで降板したが、後を受けた村尾昴紀(4・三国丘)が完璧な火消しを見せた。

8回には今井駿介(4・松本深志)が登板。一塁手の青木悠真(3・四日市)の好守もあり無失点に抑えた。

打線は相手の好投の前に片岡太志(4・神戸)の1安打のみに抑えられ、無得点だった。

京大ベースボール

京都大学初の大学スポーツ紙。 体育会硬式野球部に関する報道活動を行う。 野球部の広報という立ち位置ではなく、野球部とは完全に別団体として活動している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。