【春季リーグ戦】京都大学、甲子園で1点及ばず惜敗

関西学生野球連盟春季リーグ戦

第4節1回戦 京都大学1-2立命館大学

阪神甲子園球場で行われた一戦。なお、日本の大学野球のリーグ戦でこの球場を使用するのは京大も所属する関西学生野球連盟だけである。

相手はここまで4戦4敗と波に乗れていない立命館大学。この節で勝ち点を獲得して優勝争い戦線に踏みとどまりたい中、初戦を落としてしまい、背水の陣で4/24(日)の2回戦に臨む。

京大スタメン

6片岡(④神戸)

4小田(③茨木)

5伊藤(④北野)

9山縣(④天王寺)

3青木悠真(③四日市)

7西村洪惇(②金沢泉丘)

8愛澤(④宇都宮)

2水野(②高松)

1水江(③洛星)

先発はエース水江日々生

打線は相手先発秋山投手に3回までノーヒットに抑えられる。しかし4回裏に小田(④茨木)の2塁打などで1死1,3塁のチャンスを作ると、青木悠(③四日市)のスクイズで見事先制点を奪う。

しかし続く5回表、2本のタイムリーを浴び1-2と逆転されてしまう。その後は牧野(④北野)→徳田(④北野)と無失点で繋ぎ、打線の反撃を待つ。

立命館大の継投の前に8,9回と得点圏にランナーを置くもあと一本が出ず、痛い敗戦となった。

9回2死満塁、代打の庄(②川越)が三振に倒れる

京大ベースボール

京都大学初の大学スポーツ紙。 体育会硬式野球部に関する報道活動を行う。 野球部の広報という立ち位置ではなく、野球部とは完全に別団体として活動している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。