【春季リーグ戦】京大、第3節2回戦を0-9で敗戦 勝ち点獲得ならず 17日同志社大戦

By岩本 涼太

4月 17, 2022

京都大学硬式野球部は17日、 ほっともっとフィールド神戸で行われた関西学生野球連盟春季リーグ戦の第3節2回戦で同志社大学と対戦し、0-9で敗戦した。

京大の先発は西宇陽(2・大教大池田)。1回は先頭以降2人を難なく抑えたものの、次打者以降連打を浴び2失点。結果的に1回2/3を投げ4失点。

先発投手・西宇(大教大池田 ②)

2回二死以降は5投手がリレー。

各投手結果

村尾昴紀(4・三国丘) 1/3回 2失点

徳田聡(4・北野) 2回1失点

水口創太(4・膳所) 1回1失点

青木健輔(3・東海) 1回無失点

今井駿介(4・松本深志) 2回1失点

徳田(北野 ④)

8回には相手走者を2人刺すという好守が出たものの、失策からの失点もあった。

打線は相手投手の好投の前に完封されたものの、3番の伊藤伶真(4・北野)が2出塁と意地を見せた。

岩本 涼太

「京大ベースボール」記者。京都大学経済学部3回生(2020年入学)。体育会バーベル部、鴨虎会所属。大阪府立北野高校出身(131期生)。高校時代はラグビー部に所属。脇編集長の熱意にひかれて当紙に入局。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。