【春季リーグ戦】正捕手が先発投手?しかもアンダースロー?京都大学、4季ぶりの勝ち点獲得!

*関西学生野球連盟春季リーグ戦 第1節3回戦 京大4-2関大(4月4日@わかさスタジアム京都)

1勝1敗で迎えた前年秋の王者関西大学との第3試合、京都大学が見事勝利し、4季ぶりに勝ち点を獲得した。

京大は先発投手に正捕手の愛澤(④宇都宮)を起用する秘策に出たが、これが見事的中し、4回無失点に抑えると、その後は徳田(④北野)が1回無失点、水江(③洛星)が4回2失点と繋ぎ、関大打線の追撃を振り切った。

正捕手の愛澤は投手としてはアンダースロー。高校までは投手も務めていた。

打線は2回に愛澤の代役としてマスクを被った水野(②高松)が放ったフライが風に流されレフト前タイムリーとなり1点を先制すると、4回に大川(③済々黌)のライト前タイムリーで2点を追加、3-2とされた後の8回には愛澤の内野ゴロの間に1点を追加し、勝負を決めた。

勝利を全員で喜んだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。