【春季リーグ戦】京大、2-4で関大に惜敗

By池田 唯央

4月 3, 2022

*関西学生野球連盟春季リーグ戦 第1節2回戦 京大2-4関大(3日@わかさスタジアム京都)

京大が勝てば4季ぶりの勝ち点となる大事な一戦となったが2-4で敗れ、3回戦へともつれ込んだ。

京大は初回3番伊藤が四球で出塁し、盗塁を決め2死2塁とし、4番山縣のセンター前適時打で京大が幸先良く先制した。しかし、関大は2回1死2塁からセカンドがファンブルしている間に一気にホームインし1点追加。その後、9番定本、1番岑の連続適時打で2点を追加し、1-3とした。

京大は5回ヒットとエラーで無死満塁とし、5番青木の犠牲フライで1点差に詰め寄った。その裏、関大はヒットと犠打でチャンスメイクし、センター前適時打で1点を追加し、逃げ切った。

投げては、関大のリリーフ陣2人が無失点の好投を見せ、京大打線を抑え込んだ。

京大は再三チャンスを作るもあと一本が出ず、惜敗した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。