学生トレーナーの奮闘──チームの勝利に向かって 奥村輝石

By岩本 涼太

3月 24, 2022

知識を生かしたアドバイスだけでなく、奥村自身、選手と年齢が近いため、選手にとってもコミュニケーションが取りやすいということも武器であるといえる。

奥村自身が大事にしていることとして、以下のことを挙げた。

「選手とよく話をすることです。故障していたり、調子が悪かったりする選手は、そのことを監督やコーチに話すと、次の試合に出られなくなるかもしれないといった起用につながる面もあり、チームで話せる人がいないということがあります。そういった選手の話し相手になるのは大事なことだと思います。解決しなかったとしても、誰かに話すことで選手自身にとってプラスになればよいと思います。」

将来の夢「プロのトレーナー」へ 挑戦の日々

奥村は将来、仕事としてトレーナーをしたいと考えている。「お金をもらってプロや社会人のチームで活動するのが理想」だと話す。

そのためにも現在、京大で経験を積んでいる。学生トレーナーとして4年目を迎える今年、リーグ戦への意気込みを尋ねると、意外にも「仕事が無いのが理想」との言葉が返ってきた。

「リーグ戦の時というのは仕事が無いのが理想です。というのも、トレーナーが駆けつける場合というのはグラウンドでトラブルがあった時なので。試合前や試合後の選手のケアやコンディショニングはしっかりやっていきたいと思いますし、ベンチに入っていない選手でも怪我している選手のケアは、リーグ戦期間中でもしていきたいと思っています。」

「今後も、トレーナーとしての経験を積んでいくことを中心に頑張っていきたい」と話した奥村は、今年から修士2回。豊富な知識と選手とのコミュニケーションを武器に、学生トレーナーとして集大成のシーズンを迎える。

おことわり:奥村氏のご要望により、選手を特定できないようにするため、選手の顔にぼかしを入れております。撮影は全て岩本涼太

岩本 涼太

「京大ベースボール」記者。京都大学経済学部3回生(2020年入学)。体育会バーベル部、鴨虎会所属。大阪府立北野高校出身(131期生)。高校時代はラグビー部に所属。脇編集長の熱意にひかれて当紙に入局。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です