【 京大歴代随一の実力者 】 愛澤祐亮[1]

By脇 悠大

11月 13, 2021

 


捕手転向から正捕手へ [1] 

先月閉幕の秋季リーグ戦、京大は2勝7敗1分のうち1点差ゲーム4回, サヨナラ負け2回と苦しい試合展開が多かった。防御率2.41でリーグ4位の水江(洛星・②)や最速150km/h右腕の水口(膳所・③)など、接戦に持ち込んだ投手陣の奮闘には目を見張るものがあったが、その全試合でマスクを被り続けた”正捕手”の存在もチームにとっては欠かせないものだった。前任の長野(洛南・R3卒)が2019-2020年のニ年間正捕手を務めるも二番手の捕手が出てこず、昨年秋の新チームが始まった段階で捕手枠は完全に白紙の状態。そこから一年足らずで正捕手の実力と信頼を勝ち取ったことは、チームにとって大きなプラスになった。

愛澤祐亮(宇都宮・③)は、昨年まで外野手としてリーグ戦に出場、今春から捕手に転向し春秋と京大の正捕手を務めあげた。投手経験もあり投げては最速136km/hの強肩と、内外野の経験からくるフットワークの軽さ, 守備力はリーグ屈指とも言える。体力, 経験, 野球勘など多くを求められる捕手というポジションで、転向後即戦力として活躍を見せた。そんな彼について、全三回(予定)に分けて深掘りしていきたい。

◆ 愛澤 祐亮(あいざわ・ゆうすけ) 2001年1月9日生まれ、20歳。栃木県出身。169センチ、71キロ。右投げ左打ち、捕手。みはら学童野球部で野球を始め、中学は宇都宮ポニーで関東選抜にも選ばれる。高校は宇都宮高校に進学し、栃木県選抜も経験。1年秋ベスト8、3年夏は2回戦で敗退。

————————————-

<<< 次回 >>>

【歴代打点記録】確実に成長を続ける苦労人、さらなる高みへ [2]

————————————-

京大ベースボール  執筆:脇 悠大

脇 悠大

「京大ベースボール」代表・京大硬式野球部OB(2022卒)。2020秋~2021秋まで京大野球部の主将を務めた。京大野球部を「恒常的に優勝できるチームにする」という主将時に掲げた目標を達成するため、引退後でも何か出来ることはないかと考え、京大ベースボール(学生スポーツ紙)を設立。京都大学初の大学スポーツ紙として、野球部についての記事を書き始める。現役時代は右投左打の内野手。滋賀県・膳所高校出身。2022年度から京都大学大学院農学研究科。

「【 京大歴代随一の実力者 】 愛澤祐亮[1]」への2件のフィードバック

京大硬式野球部、新年初練習 - 京大ベースボール へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です